校舎の耐震化率

学校法人大乗淑徳学園所有建物の耐震化率は、99%です。(2022年4月1日現在)
(1+2)/ 3 = 耐震化率
1.新築年月日が1981年7月1日以降の建物 149,026.50 m²
2.新築年月日が1981年6月30日以前の建物で耐震診断済・補強済 3,973.28 m²
3.延床面積 153,405.50 m²
※小規模建物(守衛所等)は除く
淑徳大学・淑徳大学短期大学部の耐震化率は、100%です。(2022年4月1日現在)
(1+2)/ 3 = 耐震化率
1.新築年月日が1981年7月1日以降の建物 83,793 m²
2.新築年月日が1981年6月30日以前の建物で耐震診断済・補強済 8,718 m²
3.延床面積 92,512 m²
※通知文に則り、文部科学省「私立学校校舎等実態調査」の対象施設面積で算出しているため、財産目録の面積とは整合しません。